電撃姫よさらば その1

DENGEKI HIME(旧電撃姫)が今月発売のの2月号をもって休刊になると言う事でTwitterアカウントで表紙やら振り返っていたので便乗してみた次第。
18年も買ってた雑誌なんてこれと電プレしかないなぁ。
買った分を残してるという意味では姫が唯一だわ。

画像


この頃は今のような巻末の発売日情報が無くて、同社の他誌に掲載されてる広告で小さく出ているのを忘れないようにメモして購入するようにしていたな。
覚えている限りでは表紙が3色の頃は少なくともそうだった気がしている。
季刊だった事もあり、数が少なく買いそびれるのだけが怖かった。
まだ、一般の町の本屋でも普通に買えた頃だし、そう言う中での貴重なネタだったわ。


画像

月刊化されてからは大体30日前後に買いに行くように習慣づけて買ってました。
この頃から近くの書店では見かけなくなってきていたので遠出するようになってた。


画像

この頃に自らがエロゲーデビューしたので情報誌として重宝するようになってきてました。
ある意味運命を決定づけたのがMilkyWay1.8が付いていた号ですかねぇ。
本編となるMilky Way2の前話と言う事で何気にプレイしたら大ハマりし、DCやそれ散ると言った名作で溢れてた発売日に一本買いでアロマ臭いパッケージを買ったのも懐かしい。


画像

CDやDVD下敷きと言った付録が付き始めてきた頃だと記憶してます。
他誌の追随感は拭えなかったけど、ケース入りだったので整理するのには良かったですね(小並感


画像

今の2次元表紙になる決定機の頃ですか…。
当時鈴平氏の絵が好きだった事もあり内心ヒャッハー状態だったのでテレカを毎号購入してましたよ…
当時のまま続けてれば今それなりに有名になってるいい歳のアイドルとか女優さんとか表紙飾ってたのかと思うとモヤモヤする所もありますけど、扱う内容が内容ですし敬遠されたりしてたんだろうなって勝手に思っていたな…。


画像

前年度最終号で鈴平氏からTony氏に表紙絵がバトンタッチされてて驚いたというか、コンシューマゲームのヒロインを持ってきた事に驚いた時だったな。
年度末でまた表紙絵が変わり、質感も良くなってます。


画像

Tony氏から池上氏に表紙が変わったと思ったらわずか2号で各メーカー持ち回りになってしまったという…。
うろ覚えだけど某有名絵師のトレスだとかパクリだとかって話題になった頃じゃ無かったかと
(電撃姫表紙は無関係で)
翌年が更なる転換期でしたわ…。


画像

4月から判型が大きくなり邪魔になる色々と大きくなって存在感が増してます。
何気にタイトルも電撃姫からDENGEKI HIMEへと変わっているんだぜ。
個人的にはずっと電撃姫で通してきたけど…。
綴じ方も変わり開いておくのにちょうど良いようになってます。

画像




画質がクソ画質なのは申し訳ないです。
急いでいたと暗がりだったと言う悪条件が重なった結果です(環境の問題)

中身がグダグダなのでこのくらいにしておきますわ。
タイトルから察する人も多いかもしれないけど、このグダグダ派もう一回続くんやで(ドン引き


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 電撃姫よさらば その2

    Excerpt: ちょっとというかかなり間が開いたけど、前回の続きです。 Weblog: Break Head racked: 2014-12-29 19:34